WordPressをインストールして最低限設定すべき基本プラグイン8つ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もしよかったらシェアお願いします。励みになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 73
scene011

WordPressインストールしたけど、どこから設定すればいいかいまいちわからないを対象に、これからWPを使ってサイト運営を効率的に進めるために最低限必要なプラグインをまとめました。

基本的な考え方

おすすめのプラグインを紹介する前に、studioNQではどういった方針でプラグインを利用しているのか説明していきます。ワードプレスにはすごい数のプラグインが制作されていてホームページでやりたいこと(たとえば、会員サイトをつくるとか、ショッピングサイトを作るとか)はほとんど実現することができます。

プラグインのバッティングに気をつける

しかし、プラグインは1つ1つがプログラムのようなもので、インストールした他のプラグインの機能を邪魔してうことがあります。そのため、プラグインをインストールしたのにうまく機能しない。動かないといった状況が発生するのです。サイトに必要な機能を選びつつ、他のプラグインとのバッティングが生じないよう選ぶことが基本です。

サイトのユーザービリティに気をつける

プラグインは1つ1つがプログラムとして成立しているため、他のプラグインとの相性が問題であることは説明しましたが、それだけではなくホームページの表示速度や動作を不安定にさせることもあります。

たとえば、ホームページを表示した時に、ソーシャルボタンが表示され、ページをスクロールしてもボタンがページに着いてくるようなプラグインをインストールするとしましょう。拡散してもらうには非常に便利なプラグインかもしれませんが、ユーザーにとっては記事が読みづらく視点が引きつけられすぎてしまうため逆効果です。

参考:share barというプラグインソーシャルボタンがついてくるプラグイン

また、こういったプラグインはちょっとしたタイミングで画面が崩れてしまったり、動作が変になってしまうことが多々あります。サイトをよくしようと考え色々なプラグインをインストールしても、逆効果になってしまうことがあります。基本的な考え方としては、ワードプレスのプラグインを利用する際は必要最小限にとどめておくべきです。ちなみに、studioNQのブログでは8つの設定だけにしぼっています。

インストールしたプライング

基本的にはテーマをインストールするとほとんどの機能がセットされているものが多いのであまり追加するものはないかもしれないですが、基本+多少のカスタムをしたい人にはちょうどいい設定かもしれません。もし物足りないと思われたら、ワードプレスのプラグインは公式の

参考:プラグインリファレンスに色々ありますから興味がある方は一度調べてみてください。

今回、インストールしたプラグインは以下になります。だいたい有名なやつなのでこれを機に是非覚えておきましょう。

  • Akismet
  • All In One SEO Pack
  • Auto Post Thumbnail
  • BackWPup
  • Disqus Comment System
  • Reveal Template
  • WordPress Popular Posts
  • WP Super Cache

Akismet

このプラグインはワードプレスをインストールした段階で既にセットでインストールされているキラーアプリみたいなものです。これを有効にしておくと世界中からくるスパムコメントやトラックバック等に対して自動でスパム処理をしてくれます。必ず設定しておきましょう。

All In One SEO Pack

SEOといえば、おなじみのAll in One SEO Packです。このプラグインはSEOをする上で最低限必要だけど非常に面倒な作業を自動で処理してくれるものです。おそらくSEOを意識したほとんどのサイトにはインストールされているのではないかと思います。

具体的には3つの設定をお任せしています。これらは1つ1つ記事毎に考える必要があり、項目もそれぞれが別の設定を要するので手間がかかります。しかし、このプラグインを設定するば非常に簡単に処理することができるのです。

1つ目は、メタ系情報の設定です。キーワードの設定や、ディスクリプションなどの検索エンジンが評価する項目です。2つ目は、ソーシャルメディア(ツイッターやFacebook)向けの設定です。ソーシャルメディアに更新した記事のURLを投稿すると自動でサイトの情報を取得してタイムラインに表示してくれる機能があります。この際、タイトルや画像などをこちらが意図したものを表示するように設定することができます。3つ目は、ウェブマスター系との連携です。サイトを更新したらgoogleへサイトマップを送信して更新したことを伝える必要があります。

Auto Post Thumbnail

このプラグインは投稿記事の1番初めの画像をサムネイルとして設定してくれるプラグインです。MarsEditなどの外部エディターでワードプレスを更新している方はエディターからサムネイル設定ができません。そのため、最初に画像として設定したものをプラグインでサムネイルとして設定することで処理をしています。

ただし、こうった処理をするとどうしても不具合も発生します。具体的には以下ミノッチさんの記事などが非常に参考になりましたので興味がある方は確認してみてください。

参考:ミノッチさんの記事:Auto Post Thumbnailプラグインを入れて画像がダブってしまった時に片方を非表示にする方法

BackWPup

ワードプレスのバックアッププラグインでもキラーアプリに入るのではないかと思いますが、このプラグインはワードプレスまわりのバックアップ設定が自由にできます。バックアップ先も最近ではsugersyncとかも利用できるみたいです。

Disqus Comment System

ワードプレス標準の仕組みではコメント欄に画像やアバターを設定することが難しいです。それを非常に簡単に実現してくれるのが、このプラグインです。これもコメント関係のプラグインでは有名です。スパムの対応なども簡単にできるので是非インストールしておきましょう。

Reveal Template

これは少し毛色が変わったプラグインになります。ワードプレスはテーマと呼ばれるテンプレートファイル群から、表示するページ毎にファイルを選択して表示させています。今表示しているページがテーマのどんなファイルなのかを表示してくれるのがこのプラグインです。テーマを改造したり、開発している方には非常に便利なプラグインです。ちなみに、管理画面にログインしている時しか表示されません。

WordPress Popular Posts

記事の人気をアクセス数やコメント等で選択して人気記事一覧として表示してくれるプラグインです。インストール後にウェジットで設定すればすぐに利用可能になります。これもアクセス数を確保するためには必須のプラグインです。

WP Super Cache

このプラグインはサイトへのアクセスが増えても安定してサイトを表示してくれるように調整するプラグインです。具体的な仕組みはまだ覚えなくていいので、なぜそれが必要なのかを理解しておきましょう。サイトが人気になってくるとアクセス数もふえてきます。そうなるとサーバーに負担がかかってしまいサイトが表示されない事態も発生してしまいます。せっかくアクセスを増やしてもサーバーがうまく機能せずにサイトが表示されないというのは非常にロスが大きいので、まだアクセスが少ない状態でも必ずインストールしておきましょう。

まとめ

ワードプレスをインストールしたあと、いざ設定を進めようと思ってもどれをインストールするべきか悩むことが多いかと思います。そういった時にはまず自分の立ち上げたサイトでどういった機能が必要なのかを書き出して、それを達成するためにプラグインを選んでいくように意識しましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もしよかったらシェアお願いします。励みになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSで購読できます