有名ブロガーさん達が推奨するSEO上位表示に大切な3つの取組実践【経過報告】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もしよかったらシェアお願いします。励みになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 73
07033-img-1.jpg

07033 img 1

こんにちは、@studio_NQです。今日もがんばってます。皆さんはいかがでしょうか。

自分のサイトやブログを何とか盛り上げて行きたいと色々な情報を集めて勉強したり、成功事例で紹介されている方法をマネしても効果が表れないという悩みをお持ちではないでしょうか。

ネットには多くの情報があり、さまざまな方法(手段)が紹介されています。

しかし、「なぜ(目的)それをやるのか」という視点では紹介されている記事は多くありません。

なぜなら、それを教えてしまったら商売にならないからです。

なので、今日はちょっと同業者を敵に回すかもしれない内容にもなるかもしれないと少しビビってます。

まずはこのブログの数字を少し紹介します。

以下のイメージはこのブログのWMT画像です。

検索順位はまだまだ低いですが、かなりのスピードでロングテールキーワードを拾い始めました。

たぶんこの方法はいまのところいい感じなのだと思います。そして、今からつらつらお話するのはこの数字を出している取り組みです。

0703 img 3

結論から言うとたった1つの要素を意識すればいい

0703 img 1

参考までに:google提供の検索エンジンスターターガイド

今回studioNQを始めるに当たってはかなり多くのブロガーさん達の情報を読みあさりました。

すごいブロガーさん達はそれぞれ独自の方法(リンクを増やしたり、記事を丁寧に書いたり)で上位表示を達成されてています。

しかし、どの方法も本質ではSEO上位表示を達成するために共通している考え方があることに気付きました。

それは…

SEOで検索順位がどんどんあがるにはGoogleのガイドラインで謳われているようなユーザーに有益なサイトを作ること。

です。

といっても、それって何すればいいのか?って話ですよね。いろんなブログの情報を整理してみると

Googleのガイドラインで謳われているようなユーザーに有益なサイトとは具体的に以下3つのポイントを意識した運営をするという結論になりました。

  1. サイトへクローラーがたくさんくるように色々やる
  2. サイトへアクセスが増えるように色々やる
  3. 平均滞在時間を長くする=直帰率を下げる

ユーザーに有益なサイトを計る3つの要因

07032 img 2

サイトへクローラーがたくさんくる

07032 img 3

クローラーは色々なサイトから、リンクをたどって訪れます。つまり、リンクが増えるとその分サイトへクローラーが来る頻度が増えてくることになります。

そのため、リンクを増やすことによって(クローラーがサイトへ来る回数が増え)インデックスされて検索結果に乗っかってくるということです。

目安として、クローラーが平均60〜80回/日程度巡回するようになると、SEO効果が表れてくる。

SEO内部対策で行うべき20の事

ちなみに、中古ドメインなどを購入するなどしてリンクジュースを流す施策はあまりお勧めできません。

もしリンク用のサイトを作り、ターゲットサイト(検索順位を上げたいサイト)にリンクジュースを送ったとしても、リンク元からクローラーがこないと意味がありません。

リンクを貼っただけではなく、リンク元のサイトからクローラーが訪れなければ効果が見込めないことを考えると、自社サイトを作り込むほうが効率的といえます。

クローラーに関する参考記事
検索エンジンの仕組み
Webクロールの巡回数を確認する方法

サイトへアクセスが増える

07032 img 1
google -analyticsブログより

最近ではバズという言葉に代表されるように、サイトへアクセスが増加することによってサイトのオーソリティが1つレベルアップします。結果、全体の検索順位などが底上げされることがあります。

SNSの拡散とGunosy砲で何度かアクセスが爆発しましたが、しばらく経つと落ち着いてきます。

しかし、その後元どおりになるのではなく、アクセス数は底上げされています。今まで100/日だったものが200/日になり、次は300/日になるという感じ。

こっそり見てね。検索サイトからのアクセス数が1ヵ月で20倍になったワケ

(L○Gさん、in○○vaさんのコンテンツマーケティングセミナーでもこういっていました。

Googleはサーバーへ負荷がかかっていることを察知してランクをあげている可能性がある

某セミナーにて

アクセス数とSEOの関係を解説している参考記事
バズるとアクセスが底上げされる!のカラクリに迫る!

アクセス数を増やすためにはソーシャルメディアの活用が不可欠です。ソーシャルメディアに更新情報を発信するだけでも意味があります。

平均滞在時間が長い

サイトへ平均滞在時間が増えることでコンテンツが有益かどうか判断しています。よいコンテンツはしっかり読まれるので滞在時間も長くなりますし、直帰率もさがります。

長い文章を書いたり分かりやすい画像を貼ったりすることも大事ですが、コンテンツの質を高める本質はユーザーがサイトに滞在してもらうためにどういった仕掛けを打つことができるかということです。

これは毎回言ってるんですが、一番意識することは、クリック率と滞在時間を上げる努力をすることです。

検索エンジンから集客できるクリック率、そのアクセスの滞在時間や直帰率、訪問されたページ数など

ここを強化すれば、必ず検索順位は上がりアクセスは増えます。
上位表示できるコンテンツ作成法!クリック率、滞在時間の関係

studioNQは何をしているのか

0703 img 2

これらの目的を達成するためにstudioNQがやっていることを以下4つのことです。

  1. fetch as Googleを使ってクローラーに来てもらう
  2. ソーシャルメディアで紹介して拡散してもらう
  3. タイトルやコンテンツを読みやすいものにする
  4. 他のコンテンツも読んでもらえるような内部リンクを設定する

サイトにクローラーがくるようにする施策

07032 img 4

  • fetch as Googleを使ってクローラーに来てもらう
  • googleのSearch Console(旧ウェブマスターツール)に登録していれば、記事をアップしてすぐにクローリングしてもらうことができます。

  • ソーシャルメディアで紹介して拡散してもらう
  • Twitter、facebookへ記事を投稿して、記事の拡散をお願いします。シャアされればその分クローラーがサイトへ訪れる可能性が高くなります。

  • 他のコンテンツも読んでもらえるような内部リンクを設定する
  • クローラーがコンテンツに訪れた際に次のページへ誘導できれば一度で多くのページをクローキングしてくれます。

DAMELOGさんの記事で、fetch as googleの使い方がわかりやすく紹介されています。是非参考にしてみてください。

もちろん100%こんなに早くインデックスされるわけではありませんが、最近の傾向としてはおおよそ5分以内にインデックスされています。
Googleに最速44秒でインデックスさせたたった30秒でできる簡単な方法

サイトにアクセスが集まるようにする施策

07032 img 5

  • ソーシャルメディアで紹介して拡散してもらう
  • Twitter、facebookへ記事を投稿して、記事の拡散をお願いします。シャアされればアクセス数が集まります。

  • タイトルやコンテンツを読みやすいものにする
  • シェアされた時のタイトルやコンテンツの内容が読みにくいとすぐにページを離脱されてしまいます。コンテンツもできるだけ興味を引ける仕掛けを意識します。

サイトの平均滞在時間が長くなる施策

  • タイトルやコンテンツを読みやすいものにする
  • シェアされた時のタイトルやコンテンツの内容が読みにくいとすぐにページを離脱されてしまいます。コンテンツもできるだけ興味を引ける仕掛けを意識します。

  • 他のコンテンツも読んでもらえるような内部リンクを設定する
  • コンテンツに訪れたユーザー関連情報などを提供することで平均滞在時間を長くします。

コンテンツの作り方は「3時間しか働かないんです」さんの未来の職業という記事が非常に参考になります。

ここ最近はやり始めた言葉「バズる」

そしてバズるとかなりの広告効果もあります。

そんなバズらせることに特化した職業がバズプランナーです。
広告代理店の広告プランナーや企画から派生する職業でもあります。

【未来ジョブ】未来の職業を考えてみたVol.2「バズプランナー」より

まとめ

SEOについては手段が多く紹介されていて、「なぜそれをやるのか」という視点が忘れがちになります。

結果をだしている有名マーケターの方々は意識的か無意識かわかりませんが以下の3つを改善するために色々な方法を取り入れています。

  • サイトにクローラーがくるようにする施策
  • サイトにアクセスが集まるようにする施策
  • サイトの平均滞在時間が長くなる施策

なぜその施策をしているのか?ということがわかってくれば、おのずと本質的に何をすべきかが見えてくると思います。

引き続きこのブログで効果測定を行なっていきますので、宜しくお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もしよかったらシェアお願いします。励みになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSで購読できます