最新のSEO事情を勉強しているので、この辺で少し整理しみました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もしよかったらシェアお願いします。励みになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 73
0624-img-2.jpg

0624 img 2

こんにちは、@studio_NQです。今日もがんばってます。皆さんはいかがでしょうか。

アルゴリズムを意識しても意味がなくなってきている

まず、ここ数か月色々なSEOブログや書籍を調べて勉強をした結果、肌感覚で感じていたことはやはりそのとおりだと結論ができました。

できれば、ここで実績なども踏まえてやりたいのですが、これはもう少しまってください。いま運営しているサイトでかなりたくさんの実験を進行しています。

さて、本題ですが、そもそも検索エンジンのアルゴリズムなんてずっと空想の域をでないものでした。あくまでも、ガイドラインという方針にそって予測を立てて作業をすすめていく。この繰り返しです。

予測の中には外部リンクを用意したり、記事を何文字以上で作成したり、ドメインは中古がいいとかあげたらきりがないほど条件がありました。

ここ数年の流れではもはやそういった細かい木を見て森を見ず的な発想でも結果が伴いやすかったのでよかったとされてきました。

しかし、そういった条件等が結果に結び付きにくくなってきたこともかさなり、これからは森をみて大きく構えよう的な感じになっています。

SEOの大きな流れのイメージ

細かい話は置いておくとして、SEOの流れは以下3つのステップで進んでいると感じています。

1つ1つのステップこそ質を高める工夫が必要とされますが、おおまかにはこの繰り返しがいまのところ答えなのではないかと感じています。

  1. 良質は記事を作り込む
  2. 記事がシェアされる(リンク)
  3. SEO効果が現れる

良い記事を作る

良い記事とは、ちょっと小難しい言い方をすれば、ターゲットユーザーが日々困っていることや興味のある分野の情報といえます。

また、良い記事とユーザーが満足した後にシェアしたくなるような記事をいいます。たとえば、以下のような心理をうまくついたテーマなどだとさらにいいといわれています。

  • 今後役立つと思われる情報
  • ある問題や課題に対するソリューションやまとめ記事とか。将来困った時にレファレンスとして役立つような記事

  • 最新の話題
  • 今日のニュースなどをまとめている記事

  • 自分の所属している仕事や業界などの情報
  • 業界の知識など有益なもの

 

量が多くても意味がない。

あえてきつめの表現をしますが。記事はただ増やしてもあまり意味がないです。サイトアフィエイトをしていますが、少し前までは毎月数百単位の記事を購入してサイトにアップしていました。

キーワードは調べて、それに対する記事をアップしています。しかし、アクセス数もサイトの評価も変わりません。

やらないよりはやった方がいいという気持ちでいましたが、それを辞めて記事を削除した途端にサイトの順位が大幅にアップしました。良い記事を作るというのはサイト内に良い記事の比率を増やすことも意味します。

不要なページや、内容が薄いと感じるページは削除や統合を検討してもいいかもしれません。

 

シェアを促進する仕掛け

いくら良い記事をかいたところで、その記事がシェア(リンク)されないことには効果が半減します。

ここではシェアされるために多くのブログなどで紹介されている内容を説明していきます。

以下にあるような心理をうまくつかむ記事を作成することでリンクを得ることが可能になります。

 

 シェアしたくなる気持ちを知ることが大事

心理 説明
共感してもらいたい こんな面白いコンテンツがあったんだけどどうかな?
自己顕示欲 このサイトで診断したら●●だったとか、この占いあたるとか。
自己のブランド強化 このサイトの情報は役立ちます。良質な情報を発信していきますのでフォローしてください。

 
 

初速とよばれる公開時の初動アクセスをどう稼ぐかを考えてないと失敗する
記事を公開してすぐにシェアやいいね、はてなブックマークなどをしてくれる読者やファンがどの程度存在するかによって初動が決まってきます。

コンテンツを継続的に公開することで少しずつファンは増えていくはずですが、先にPRなどをしてファンを増やすということも費用対効果的にはありかもしれません。

 
 

SEO効果の表れ

良い記事を作成し、それがシェアされることによってリンクがあつまります。そこまでくるとコンテンツがgoogleに評価され始めて検索エンジンからの流入も期待できるようになってきます。

また、次から記事をアップした時にもドメイン自体のレベルも上がっているはずですので検索エンジンへの反応も少しずつ早くはっているはずです。

このようにユーザーにとって有益な記事を発信することで、それがユーザーに評価され、検索エンジンはそれを評価する。

googleが以前より伝えてきた本質がそのままやることが一番効果的な時代になってきています。

 
 

成功させるための2つのポイント

0624 img 1

継続的にサイクルをまわすこと

最近のSEOはスピードよりもサイトを育てるという視点で計画されます。わたしも、コンテンツをどうやって育てていくかを常に意識しながら進めていくことが大事だと感じています。

そのため、中古ドメインを使ってリンクジュースを送ったり、SEO業者のプログラムに乗っかるなどはもはや時代遅れかもしれません。※少し前まで自分もやっていましたがもうやめました。

時間をかけてサイトを育てることをあきらめずに継続していけば成功する可能性も高くなります。

 
 

有用なコンテンツをつくるだけではなく、シェアしてもらうための準備を怠らないこと

いくら有益なコンテンツを作成しても、それがシェア(リンク)を獲得しなければいつまでたってもSEOに効果が回ることはありません。

もちろんコンテンツの評価だけでも十分検索上位を狙うことができますが、それでも速度は遅くなりますし可能性も低いといえます。

ここで大事になってくるのが、サイトの知名度です。言い換えるとフォロワーやブログで言えば読者をどれだけ増やすことができたかということが大事になってきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もしよかったらシェアお願いします。励みになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSで購読できます