SEOやWebのマーケテイングを考える上で手元にあると便利は資料10選

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もしよかったらシェアお願いします。励みになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 73
image01.jpg

Image01

こんにちは、@studio_NQです。今日もがんばってます。皆さんはいかがでしょうか。

Webを趣味から仕事にしていこうと決めた時にまず困ったのが、仕事の進め方です。

ディレクションの流れが全くわからずどうしたものかと明け暮れていた時に非常に参考になったのがチートシートという作業や内容をチェックする資料です。

現在、社内のWeb担当をしている方や、Web業者とのやり取りを予定している方は事前にチートシートを見ておくと、確認すべくポイントなどが把握できますので是非参考にしてみてください。

アクセスアップ・マーケティング関係

Webのアクセスアップには色々な方法がありますが、基本を抑えれば自社でできることや必要とされることなどはそれほど多くありません。

だいたい、1~3程度でしょうか。しかし、課題を設定するには指標の立て方や考え方を抑える必要があります。

ここでは考え方の基本になる資料(チートシート)を厳選してみました。

SEO JAPAN 2015年版 究極のマーケティングチェックリスト

究極のマーケティングチェックリスト
6010 10

SEO JAPANさんの記事です。

Webマーケティング戦略の考え方や大枠を紹介していますので、Webで集客するうえで押さえておくべきポイントはここを観れば大体理解できるようになっています。

イケダハヤト氏のブログ

ソーシャルメディアの費用対効果(ROI)測定に役立つであろうチートシート
0610 9

元ネタは別の記事みたいですが、ソーシャルメディアの運用について勘所がわかるので非常に役立つ記事です。

ここ数年はソーシャルメディアマーケティングが取り上げられていてなんでもかんでも高値でふっかける業者がいます。

実際にソーシャルメディアが効果的なのは認めますが費用対効果については疑問があります。

自社で外注などを検討している場合は是非、ROIの基準を決めてから検討してください。

Hevelocity ブログの質を上げて、目的を果たすためのチェックシート

http://www.hivelocity.co.jp/blog/35567
0610 8

自社でサイトを運用している場合は、アクセスアップや目指すべき方向を見定める方法などの勘所をつかめないといけません。

この辺はしっかり勉強しないとかなり無駄な時間と費用が発生してしまうところでもありますので、しっかり知識をつけるよう意識していください。

Hevelocityさんはfacebookブックマーケティングなどで非常に有名なところですが、メディア運用についてもかなり質が高いといわれています。

この記事はブログの運用という定義になっていますが、自社のサイトに置き換えて読んでも十分価値がある内容です。

SEO関係

SEOについてはネット上に多くの情報が氾濫しているので、どれが正しい情報なのか判断に困ることがあります。

先に結論から言いますと、どれも正解ではありません。

しかし検討の方向性として参考にすべきです。

SEOはあくまで個別的な現象ですから、一般化することは難しいというのが基本的な理解で必要です。

なぜか?

それはルールを作っているのはgoogleで、ルールは多義的な解釈ができるからです。

SEOの答えはグーグルしか知らないし、ヒントはいろんな解釈の仕方ができるということです。

だからいろんな業者がいろんなことを言ってます、それはヒントに沿った推測でもあるのである意味で正解かもしれません。

しかし答えではありません。そういった視点を持ったうえで分析の指標を作りながらPDCAを回すのが答えといえます。

Find Job Startup

これが無料?!プロ御用達のSEOチートシート【2013年版(アユダンテ)】
0610 7

私もサイト運用の際、非常に役だったのがこのチートシートです。

データ自体古いものですが、原理原則は変わっていませんのでここで紹介されている内容をベースにして施策を考えていくのが良いでしょう。

Find Job Startup

【最新版】Google Analyticsチートシート完全マニュアル(日本語解説付)
0610 6

SEOはつまるところ、アクセスアップや商品の成約が目標です。

そのためにはどこでアクセスがあってどういったページをユーザーは見ているのかなどデータを収集する環境を持たなくてはなりません。

ここではそういった情報を整理しつつ分析する方法をまとめています。

制作する際に便利なチートシート

自社でサイトやWebサービスなどを開発している場合は参考資料として役立つチートシートを集めてみました。

Unix/Linux コマンドリファレンス

http://www.yotabanana.com/misc/fwunixref_ja.pdf
0610 5

PHPチートシート

http://www.textdrop.net/wp-content/uploads/php-cheat-sheet-v2-ja.pdf

0610 4

WORDPRESSチートシート

http://www.webcreatorbox.com/wp-content/themes/wcb/images/wordpress_cheatsheet3.pdf
0610 3

HTML5チートシート

http://www.necozine.com/wp/wp-content/uploads/2012/10/cheatsheet_02.pdf
0610 2

CSSチートシート

http://www.textdrop.net/wp-content/uploads/css-cheat-sheet-v2-ja.pdf
0610 1

まとめ

いかがでしたでしょうか。これはまだ一部でネットには多くのチートシートが紹介されています。自社の課題を解決するための資料としてチートシートを確認するのは非常に効率的です。是非、参考にしつつ業者とのやりとりがスムーズにいくよう確認しておきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もしよかったらシェアお願いします。励みになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSで購読できます

  • 1.5時間。そろそろブログスタートして1ヶ月たつので実績を公開の日を作ろうかなと思いつついますが、まだ全然アクセス少ないんです