SEOに関する情報収集先として厳選に2時間程度考えて悩んだ記事11選

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もしよかったらシェアお願いします。励みになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 73
0608-img-5.jpg

0608 img 5

こんにちは、@studio_NQのFUJIHIRAです。今日もがんばってます。皆さんはいかがでしょうか。

SEOに関する情報といえば、業種のブログや業界の情報が中心になってくると思います。その多くは専門用語やある程度前提知識を持っているという暗黙知で話が進められていることが多く読みずらい記事が多いのではないかと思います。

私の書いている記事もまだまだ分かりにくい記事だったり文章として体裁が整っていない時もあるので、あまり強く言えませんが。

さて、今日は社内でSEOを行っているインハウスSEOといわれる方や中小企業経営者、ショップ店長など自分でWEB対策も兼務している方がわかりやすくすぐ次の一手を考えられるような情報元を集めてみました。

サイトを運営する上で知っておくと役立つ知識

0608 img 1

わたしもよくやってしまうミスがあります。それはSEOのためのSEOになっていることです。SEOの目的は本来アクセスアップをすることであり、それは売上アップを目的としています。

つまり、SEOは売上アップの1手段でしかないという視点を持たないと痛い目にあいます。

アクセス解析の基本的な話

0608 img 4

SEOなどの結果、サイトへアクセスが流込んできたとしても、それが売上につながらないものであれば失敗ということになります。

たとえば、バックを販売している会社のホームページへ「」というキーワードで検索してサイトへ来たユーザーが商品を買うとイメージできますか?

これは明らかに購買意欲がなく情報を知りたいだけのユーザーではないでしょうか。表面的にはアクセス数があがっても購買意欲がないユーザーしか来ないサイトは売上もでないため戦略を見直す必要がでてきます。

アクセス解析はキーワードやユーザーがどういったページで何に反応しているのかがわかるため、次の仮説を立て行動を決めるための情報がたくさんあります。

ただ、アクセス解析の使い方やどういったことを意識すれば役立つ情報がゲットできるのかは多少勉強しないとわかりません。ここではそういった知識が増やせる記事をいくつか紹介します。

外部リンクを集める記事など

0608 img 3

SEO対策の1つとして外部リンクを集めることがよく挙げられています。わたしもこれについては否定はしませんし、実際にちょっと前まではブラックといわれるgoogleガイドラインをあえてやぶってリンクを集めることまでやっていました。

しかし、すでに時代はソーシャルですからFacebookやツイッターからのいいね、リツイを集めることが一番大事です。そしてリンク(いいね、リツイート)だけではなくアクセスが流れてこなければ意味がないということも忘れてはなりません。

そのため、外部リンクを集めるということはユーザーがアクセスして読みたくなるコンテンツを作り、拡散させることを意味します。そういった視点で非常に役立つ記事を以下に紹介してみました。

検索エンジンを使った集客のもっとも大切な視点

0608 img 2

SEOやPPCなど検索エンジンを使った集客手法はこれからさきも非常に重要な位置をしめることはおそらく確かなことだと思います。

その一番の理由は検索エンジンはユーザーが自分のニーズや知りたいことを理解して、それを言語化までしてくれる非常にマーケティング的には都合のいいツールだからです。

ユーザーがどういった悩みを持っているかを示してくれていますので、それに対して適切なコンテンツを用意してあげれば成約までつなげることも容易にできます。

そういった視点を具体的に紹介してくれる記事を最後に紹介します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もしよかったらシェアお願いします。励みになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSで購読できます

  • 今日は3時間近くかかりました・・・。これでもまだまだなので本当に満足できる記事を作るには1日とかかかるのかもしれません