いまさら聞けないCMS機能があるホームページの機能比較と費用比較【保存版】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もしよかったらシェアお願いします。励みになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 73
scene007.jpg

Scene007

CMSという機能を持ったワードプレスなどでホームページを制作することがだいぶ定着してきました。昨今のGoogleが発表する検索関連の情報をふまえるとこの流れはしばらく維持されることが推察されます。運用効率という面だけではなく、SEOという視点からも非常に効果があると考えられるようにあったからです。

これからホームページをリニューアルしたり、もしくは新規で制作したいと思ったらまず検討すべきなのがこういったCMSを用いた制作方法です。自社で制作する担当者を用意することができるか、それとも全部を制作会社へ発注するかで選ぶべきCMSが変わってきます。世の中かなりのCMSが存在しますが、主要CMSを比較すれば自社にとって一番効果的なCMSがわかるようになります。※あくまで参考値になりますので公式サイトで情報を確認してください。

クラウド系のCMS機能があるホームページ

bing!Express

Img 05181

bing!Expressは基本的な機能がだいたい作ることできるCMSです。出た当時は少し話題になりましたが、今から導入を検討するなら少し考える必要があるかもしれません。

費用面

  • 初期費用:5,250円
  • 月額費用:2,100円

jindo

Img 05182

jindoはクラウド系で提供されているホームページサービスの中では一番新しいかもしれません。そのためデザインや機能が最新のマーケティングもふまえたものになっていますので非常に効果が期待できるサイトを構築することができます。しかし、費用を安くしているため、あまりフォローが得意ではありません。サイト構築の知識が多少ないと使いこなすのは難しいかもしれません。

費用面

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:大体1,000〜2,500円位

サイト職人

Img 05183

サイト職人はシンプルな機能だけにしぼった簡単なホームページ制作システムと言えます。とりあえず名刺代わりのホームページが欲しいといった要望に答える機能が提供されています。ホームページ初心者向けのシステムということもあり、サポートが手厚く初期設定という項目でほとんどホームページを完成してくれます。つまり制作代行をしてくれるのに違い設定をしてくれます。

費用面

  • 初期費用:50,000円〜
  • 月額費用:4,200円〜9,800円

ブログdeホームページ

Img 05185

ブログdeホームページは士業を営む人などあまり更新を必要としない人向けのシステムです。一度作ってしまえばあとはほとんど更新することはなく、更新があっても簡単な文章追加や写真をのせる程度の作業で十分の方には非常におすすめです。名刺代わりの簡単なホームページということもあって集客やECなどを意識している場合はあまり効果が期待できないかもしれません。

費用面

  • 初期費用:約50,000円
  • 月額費用:約4,900円

まとめ

ここであげたCMSはそれぞれ目的な強みが異なります。自社のポイントを整理すれば、一番使い勝手がいいCMSを選ぶことができるようになります。ただし、一番大切なことは「CMSを選ぶこと」ではなく、その先の課題を早く解決していくことです。そのためには手間でも自社の状況やCMSの特徴を整した上で適切な判断をしていけるようにしていくことが大事になってきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もしよかったらシェアお願いします。励みになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSで購読できます

  • 今日も無事更新できた。。。これ毎日やってる先輩方はすごい